もはや常識!?ビキニライン(Vライン)脱毛のススメ

みなさん、ムダ毛のお手入れは順調でしょうか?水着やお気に入りの下着をひさびさに着けてみたら、ムダ毛が見えたりして心底恥ずかしい気分に…なんてことは避けたいですね。ムダ毛がきちんと処理できていれば、憧れの人との海やプールももっと楽しめるはず!ここでは、ビキニライン脱毛のメリットと注意点についてご紹介します。

夏場に向けて人気の「ビキニライン(Vライン)脱毛」とは

ビキニライン(Vライン)の範囲は大まかにいうと、下着から毛がはみ出た部分のこと。脱毛サロンによって定義が違い、太ももの付け根までを含める場合や、下着の上の部分は含めない場合など様々です。独自の範囲を示したテンプレートを使って確認するサロンもあります。

施術方法は数種類あり、以下はその一例です。

・光脱毛(フラッシュ脱毛)
光を使って毛根にダメージを与える方法。レーザー脱毛より光の出力が弱く痛みが少ないです。

・レーザー脱毛
レーザーを使って毛根にダメージを与える方法。痛みがあるが効果は高いです。
なおレーザーは照射の威力が強いため、医療機関での取り扱いになります。

・ニードル脱毛(電気脱毛)
毛穴に針を刺し電気を通す方法。鋭い痛みがある分効果は高いです。

・ワックス脱毛
ワックスを塗って固まったら剥がす方法。毛根にダメージを与えるものではないため、しばらくするとまた生えてきます。

またビキニラインの脱毛は、形もいろいろ選べます。かつては全て脱毛したり、ハートや長方形などの形が流行った時期もありましたが、今はトライアングル型や卵型といった、自然な形が好まれています。

もし自己処理を行う場合は、Vライン専用のシェーバーなどを利用し、肌に負担をかけないように優しく処理しましょう。

ビキニライン(Vライン)脱毛のメリット

下着から見えるムダ毛を気にしなくていい!というだけでもメリットは十分にありますが、他にも
・Vラインの毛を減らす(もしくはなくす)ことによって、下着の中のムレが解消
・臭いが気にならなくなる
・生理中の肌のかぶれが低減される場合もある
という点も挙げられます。毛の量を減らしたり、長さを整えたりするだけでも効果があります。

更にサロンやクリニックで処理する場合は、上記に加えて
・面倒な自己処理が不要になる
・過去の自己処理でできてしまった肌の黒ずみが解消される
などのメリットがあります。

ビキニライン(Vライン)脱毛の注意点

・脱毛サロン・クリニックの場合
デリケートな部分だけに脱毛時の痛みが強いと感じやすいようです。また炎症が起こる可能性があるので、術後は十分なケアを心がけましょう。わからないことがあったら、恥ずかしがらずにスタッフに聞きましょう。

・自己処理の場合
カミソリや毛抜きの使用は埋没毛を生み、肌荒れの原因となってしまうため、あまりオススメできません。自己処理の際は、肌を保護しながら細心の注意を払って行いましょう。終わったら保湿など十分なアフターケアを。

ビキニライン(Vライン)はデリケートな部分。トラブルを回避するためにも処理する前に十分な知識を身に付けましょう。

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー