ミニスカートも怖くない!ひざ下脱毛のススメ

ひざ下のムダ毛は腕に比べると毛が太く目立ちやすいため、毎日自己処理している人が多い場所。しかし肌面積が広く、トラブルが起きやすい、悩みの多い部分でもあります。

ひざ下のムダ毛をスッキリ脱毛することで、オールシーズンで足を出したおしゃれが楽しめます。

露出度の高い「ひざ下」の脱毛

ひざ下は文字通り、ひざから下、足首もしくは足の甲までの部分。季節問わず露出することが多い部分。自分でムダ毛を処理しやすい部分なので、ワキに比べると比重が軽くなりやすいけれど、冬でも意外と視線を集める部位であることはご存知でしょうか。男性からはワキの次にムダ毛が気になるとの声もあり、お手入れをおこたるわけにはいかない部分でもあります。しかし処理する頻度が高い分、自己処理を続けると毛穴に色素が沈着し、角質が厚くなり、ブツブツザラザラになってしまうこともあり、サロンやクリニックでのお手入れがおススメです。

ひざ下脱毛のメリット

ひざ下脱毛のメリットはなんといっても、目につきやすい場所の自己処理をしなくてよくなるという点です。ひざ下の皮膚は意外と厚く、大体2〜3mmといわれています。自分で処理しやすい場所ですが、自己流の処理方法では埋没毛を作ってしまったり、毛穴が炎症を起こしたりと、逆に足が出せない原因になるトラブルが多発する事も。このようなトラブルの対処法として、スクラブで洗ったり、保湿ローションを塗るなどがありますが、やはりベストは永久脱毛してしまうことです。脱毛することで毛穴自体が閉じてしまうので、自己処理後のプツプツぼつぼつとは無縁になります。

ひざ下脱毛の注意点

ひざ下の脱毛を考えるなら、守りたい注意点があります。それは、脱毛の施術中は直接肌に触れる自己処理はなるべく避けること。脱毛中のお肌はとても敏感です。ちょっとした事で肌トラブルを起こしやすい状態なので、毛穴にダメージを与えたり、発毛周期が狂う毛抜きや、肌にダメージを与えるカミソリ、薬品で毛を溶かす除毛クリームはすべてNG。きれいなすべすべ肌のためにも、肌へのダメージは最小限にする必要があります。

もちろん、脱毛中は足の自己処理ができないわけではありません。肌に直接触れない電気シェーバーなら肌ダメージは最小限ですみます。足以外にも腕やワキにも活用できるので、一台用意しておけば安心です。

自己処理が出来る場所だからといって、やり方を間違えてしまうと大変なことになってしまう可能性があります。是非ご自分にあったメンテナンス方法を見つけて、キレイなひざ下を目指しましょう。

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー