脱毛の気になること教えて! FAQ

脱毛クリームを塗れば永久脱毛できる?

永久に脱毛ができるわけではなく、効果はあくまで一時的なものです。

脱毛クリームは、ムダ毛が気になる部分にクリームを塗り、毛をこそげとるという方式で除毛します。

脱毛クリームは、薬剤が空気に触れた時に起こる化学反応によって毛を溶かすことでムダ毛を処理するため、太くて長い毛も取り除けるメリットがあります。ただし脱毛クリームの薬剤は、毛が生える源の細胞を傷つけることはないため、肌から露出している部分の毛までしか溶けません。そのため時間が経つと、カミソリで自己処理した時と同様、肌の表面からムダ毛が生えてきます。無毛状態を保てる時間は、3日〜1週間程度。また頻繁に使えば、クリームに含まれている成分の影響で肌荒れなどを起こす恐れもあります。

脱毛クリームの種類と正しい使い方

脱毛クリームにはいくつか種類がありますが、一般的に浸透しているのがクリームタイプです。これに近いもので、ワックスタイプのものもあります。ワックスタイプの商品は塗布後時間経過とともにゴムのように固まり、それを剥がす際にムダ毛を抜き取るしくみです。毛を溶かしたりする薬品は含まれていませんが、毛を根元から一気に引き抜くため、痛みを伴うことと、皮膚まで剥がしてしまい肌をいためる失敗も多いとされています。

脱毛クリームは、清潔で乾いた肌の上、ムダ毛が生えている部位に直接乗せます。説明書に記載された放置時間を守ったのちに、付属のスクレーパーでクリームごとこそげ落とします。後は、ぬるま湯で薬品を洗い流して終了です。脱毛しきれなかったムダ毛は、薬品の効果で柔らかくなっている状態なので、ピンセットでつまみ切るような感覚で処理するとよいでしょう。使用する前に脱毛クリームに添付された説明書を必ず読むこと、48時間パッチテスト(皮膚のかぶれや炎症などを調べる)を忘れずに行いましょう。

脱毛クリームのメリット・デメリット

よく聞く質問として、「カミソリと脱毛クリーム、どちらが良いの?」というものがあります。昨今ではカミソリも性能が向上し、肌を傷つけずにムダ毛だけを剃ることができますが、凹凸が多い肌の場合、剃り残しの黒いポツポツが目立つことも…。一方、脱毛クリームは肌に薬剤が密着しますので、スッキリと無毛状態をつくることができます。ただし、カミソリ負けがあるのと同様、脱毛クリームも薬品負けの可能性があります。こういったメリット・デメリットなどを考えて、自分に合った商品選びをしていきましょう。

家庭での除毛は、時間がなく忙しい時でも手軽にムダ毛を除くことができます。けれど、肌のトラブルが起こりやすいのも事実。脱毛クリームの正しい使い方やメリット・デメリットを知って効果的に使うようにしましょう。

脱毛エステ★徹底ランキング
銀座カラー

1位 銀座カラー

痛みが少なく肌にやさしい「IPL脱毛」方式を採用!キャンペーンを実施していることも多く、リーズナブルな料金で人気です!

詳細を見る

2位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

全国に多数店舗があり、その全てが安心の直営店。満足できなければ全額返金保証!

>> 詳細を見る

3位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

業界最安値を目指す芸能人症例数NO.1サロン。顧問医師もいるので安心。

>> 詳細を見る

脱毛器★徹底ランキング
ケノン(KE-NON)

1位 ケノン(KE-NON)

家庭用脱毛器として日本発の6連射を実現。世界最大の照射面積、1ショットあたり0.0185円と低コストを実現!全身での利用が可能!自動照射モード搭載でスムーズな脱毛が可能。

詳細を見る

2位 イーモリジュ

イーモリジュ

トリプルショット&ワイド照射で脱毛時間が短いのが人気!全身での利用可。

>> 詳細を見る

3位 センスエピG

センスエピ

家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載!照射面が広いのが特徴です。

>> 詳細を見る

4位 トリア

TRIA

消耗品が必要ではないので長期間低コストでの利用が可能!充電式です。

>> 詳細を見る

5位 シルキン

シルキン

両ワキわずか10分!20mm×30mmのワイド照射面で脱毛時間を短縮。

>> 詳細を見る

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー