脱毛の気になること教えて! FAQ

ほくろがあると脱毛できませんか?

ほくろを避けて行うか、シールで保護して脱毛できます。

光脱毛を行う場合、基本的にほくろ部分には光を当てません。脱毛の光は黒い色素に反応するので、ほくろにも反応してしまうからです。ほくろが光に強く反応すると、痛みだけではなく、軽度のヤケドが起きるリスクがあるのです。

エステサロンで脱毛をする際には、ほくろを避けて光を照射したり、ほくろに保護シールを貼ったりすることで、光に反応しない対処を行っています。サロンの方針にもよりますが、ほくろが少しあるからと言って、脱毛ができないことはありません。

脱毛によってほくろが増えたりしますか?

一時的にシミが濃くなることはありますが、ほくろが増えることはほぼありません。

光脱毛でほくろが増えるという科学的な根拠はありません。光脱毛の光でシミができる・濃くなるケースはありますが、これは一時的な症状です。

肌の下には、元々シミの元がありますが、光脱毛の光を当てると、細胞が活性化されるため、新しい細胞が作られます。そうするとシミの元が押し上げられて表面に出て来るため、シミが濃くなったように見えます。しかし肌のターンオーバーが正常なら、多くの場合、シミは1か月程で薄くなって消えるので心配いりません。

脱毛サロンの光照射で、ほくろが消えると聞いたのですが・・・?

レーザー脱毛なら、場合によって、施術前よりも薄くなることはあります。

光脱毛の光をシミやほくろに照射するのはリスクが大きいため、各サロンでは光が当たらないよう配慮をしています。しかし医療用レーザー脱毛を行っているクリニックでは、そのままレーザーを照射する所もあります。クリニックによっても違いますが、レーザー脱毛で使われているマシンは、シミやほくろの治療のために作られた物を、脱毛用に応用していることもあるからです。そのため、レーザーを当てるとほくろが薄くなることはありえます。

ただ、レーザー脱毛で薄くなるのは、あくまで小さなほくろだけです。大きなほくろは光脱毛同様、施術の邪魔になります。また消したくないほくろがあるなら、カウンセリングの時、担当スタッフに伝えておくと、そこを避けて施術してくれます。

脱毛エステ★徹底ランキング
銀座カラー

1位 銀座カラー

痛みが少なく肌にやさしい「IPL脱毛」方式を採用!キャンペーンを実施していることも多く、リーズナブルな料金で人気です!

詳細を見る

2位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

全国に多数店舗があり、その全てが安心の直営店。満足できなければ全額返金保証!

>> 詳細を見る

3位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

業界最安値を目指す芸能人症例数NO.1サロン。顧問医師もいるので安心。

>> 詳細を見る

脱毛器★徹底ランキング
ケノン(KE-NON)

1位 ケノン(KE-NON)

家庭用脱毛器として日本発の6連射を実現。世界最大の照射面積、1ショットあたり0.0185円と低コストを実現!全身での利用が可能!自動照射モード搭載でスムーズな脱毛が可能。

詳細を見る

2位 イーモリジュ

イーモリジュ

トリプルショット&ワイド照射で脱毛時間が短いのが人気!全身での利用可。

>> 詳細を見る

3位 センスエピG

センスエピ

家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載!照射面が広いのが特徴です。

>> 詳細を見る

4位 トリア

TRIA

消耗品が必要ではないので長期間低コストでの利用が可能!充電式です。

>> 詳細を見る

5位 シルキン

シルキン

両ワキわずか10分!20mm×30mmのワイド照射面で脱毛時間を短縮。

>> 詳細を見る

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー