脱毛の気になること教えて! FAQ

脱毛には、どんな危険性がありますか?

火傷や肌トラブルなどの危険が考えられます。

脱毛サロンやクリニックで行われている脱毛は、光を使って脱毛する方法が主流です。光脱毛やレーザー脱毛がそれにあたります。どちらも、熱を発生させる施術になるため、まれに火傷のトラブルが起こることがあります。この脱毛方法は、光を肌に当てて黒い色に反応させて行うため、肌自体が日焼けなどで黒い色になっていると、黒色に反応して火傷が起こってしまうことがあります。肌の状態が不安定な場合や、乾燥している場合にも火傷や肌トラブルの危険性が高まるので、施術を避けるべきです。

施術前にチェックしよう!脱毛のリスク

光脱毛は、肌の状態が安定していないと、火傷や肌トラブルを起こしやすくなる可能性があります。例えば、妊娠中の場合、ホルモンのバランスが崩れてトラブルを起こしやすくなるために、施術が断られる場合もあります。また、日焼けをしている場合、持病があり日常的に薬を服用している場合も、肌トラブルの危険性が高まってしまうので、施術自体を避けた方が賢明でしょう。

脱毛の危険を回避するには?

まず、日焼けは避けること。外出時には日焼け止めを塗り、場合によっては日傘や手袋を併用するなどして、紫外線から肌を守りましょう。また、肌の乾燥も火傷の原因になるので、施術前から十分な保湿ケアをしておく必要があります。脇の下などは見逃しがちな場所ですが、安全で効果のある施術を期待するのであれば、普段保湿しないような場所でもしっかりとケアしておきましょう。

そして、ホルモンが安定している状態であること、妊娠中や生理の日、服薬期間、病気中は施術を避けましょう。そのためには、自分の体の状態を常日頃からしっかりと把握しておくことです。

脱毛エステ★徹底ランキング
銀座カラー

1位 銀座カラー

痛みが少なく肌にやさしい「IPL脱毛」方式を採用!キャンペーンを実施していることも多く、リーズナブルな料金で人気です!

詳細を見る

2位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

全国に多数店舗があり、その全てが安心の直営店。満足できなければ全額返金保証!

>> 詳細を見る

3位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

業界最安値を目指す芸能人症例数NO.1サロン。顧問医師もいるので安心。

>> 詳細を見る

脱毛器★徹底ランキング
ケノン(KE-NON)

1位 ケノン(KE-NON)

家庭用脱毛器として日本発の6連射を実現。世界最大の照射面積、1ショットあたり0.0185円と低コストを実現!全身での利用が可能!自動照射モード搭載でスムーズな脱毛が可能。

詳細を見る

2位 イーモリジュ

イーモリジュ

トリプルショット&ワイド照射で脱毛時間が短いのが人気!全身での利用可。

>> 詳細を見る

3位 センスエピG

センスエピ

家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載!照射面が広いのが特徴です。

>> 詳細を見る

4位 トリア

TRIA

消耗品が必要ではないので長期間低コストでの利用が可能!充電式です。

>> 詳細を見る

5位 シルキン

シルキン

両ワキわずか10分!20mm×30mmのワイド照射面で脱毛時間を短縮。

>> 詳細を見る

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー