脱毛の気になること教えて! FAQ

脱毛後の硬毛化は本当に起こりますか?

確率は非常に低いですが、起こらないとは言い切れません。

硬毛化とは、レーザーや光脱毛を行った部位の毛が、脱毛を行う前よりも太くなる現象です。起きる可能性は低く、10パーセント以下とも言われています。たまに、脱毛後に産毛の色が濃くなり、硬毛化と思いこむケースがありますが、これは誤解です。産毛はレーザーや光が効きにくいという特徴があるため、事前処理で剃った産毛の断面がそのまま出てくると、見た目には濃い色に見えます。そのため、硬毛化と勘違いしてしまうのですが、実際は「そう見えるだけ」で毛の太さは変わりません。

しかし、確率が少ないとはいえ、硬毛化が起こらないと断言はできません。そのリスクがあることは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

硬毛化を起こしやすいのは、細く色素の薄い産毛

上腕の外側や背中の上部など、産毛や細い毛が生えている部分は、硬毛化が起きやすいです。他にも、胸毛や手の甲や指、顔で起きやすいと言われています。また、男性より女性の方が、硬毛化が起きやすいという説もあります。

お尻の横部分や、側腹部、肩や首周り、耳の下等も硬毛化しやすい部位です。逆に、脇やVIO等、元々毛の色が濃く太い部位では、硬毛化の心配はほとんどないと考えられています。

もし硬毛化が起きたらどうすればいいの?

サロンやクリニックで、機器の出力を上げてもらったり、ニードル脱毛で取り除くなどの対処が考えられます。

対処法はクリニックによってそれぞれ違いますが、多くの場合、レーザーや光の出力をアップする方法が取られます。硬毛化した毛が数本しかない場合、費用が安いニードル脱毛で対処することも多いです。また、ニードル脱毛は毛の根元を焼き切るので、確実に毛を処理できます。

自分でできる対処法としては、脱毛を半年ぐらいから1年ぐらい休むという方法もあります。肌への刺激をストップして、毛の太さを元に戻す狙いがあります。

また、硬毛化に対する保証をつけているサロンやクリニックもあります。カウンセリングのときに保証の有無について、スタッフに質問してみましょう。逆に、硬毛化なんてない、と言い切るスタッフがいる所は、注意した方が良いかもしれません。硬毛化のリスクについてきちんと考えているサロンやクリニックの方が、いざという場合でもしっかり対処してくれるので安心です。

脱毛エステ★徹底ランキング
銀座カラー

1位 銀座カラー

痛みが少なく肌にやさしい「IPL脱毛」方式を採用!キャンペーンを実施していることも多く、リーズナブルな料金で人気です!

詳細を見る

2位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

全国に多数店舗があり、その全てが安心の直営店。満足できなければ全額返金保証!

>> 詳細を見る

3位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

業界最安値を目指す芸能人症例数NO.1サロン。顧問医師もいるので安心。

>> 詳細を見る

脱毛器★徹底ランキング
ケノン(KE-NON)

1位 ケノン(KE-NON)

家庭用脱毛器として日本発の6連射を実現。世界最大の照射面積、1ショットあたり0.0185円と低コストを実現!全身での利用が可能!自動照射モード搭載でスムーズな脱毛が可能。

詳細を見る

2位 イーモリジュ

イーモリジュ

トリプルショット&ワイド照射で脱毛時間が短いのが人気!全身での利用可。

>> 詳細を見る

3位 センスエピG

センスエピ

家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載!照射面が広いのが特徴です。

>> 詳細を見る

4位 トリア

TRIA

消耗品が必要ではないので長期間低コストでの利用が可能!充電式です。

>> 詳細を見る

5位 シルキン

シルキン

両ワキわずか10分!20mm×30mmのワイド照射面で脱毛時間を短縮。

>> 詳細を見る

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー